レッグペルテス病

大腿骨の骨頭が壊死する病気

レッグペルテス病とは別名で大腿骨頭壊死症とも言われており、大腿骨の骨頭が壊死してしまう病気です。
壊死するので歩く際に痛みが出て、脚を浮かせて歩くなどの様子が見られ、痛めた脚を使おうとしなくなります。

軽度であればしばらくすると治りますが、そのままにしておくと脚の筋肉が萎縮したり大腿骨の変形があるなどして、脚に悪影響を及ぼし、症状が進行すると歩行困難にもなります。
トイプードルやテリアなどの小型犬によく見られる病気であり、体重10kg未満の犬に多く見られ、生後3ヶ月から13ヶ月ぐらいまでの、成長期に発症する場合が多いです。

大腿骨の血液循環が阻害されることによって引き起こる病気であり、大腿骨の骨頭が変形し崩壊することで症状が出てきます。
血流障害が起こる原因としては、過度の運動や圧迫、事故や栄養障害などの他に、遺伝も関係している考えられてはいますが、詳しくはわかっておりません。
ほとんどの症例では片足のみ発症しますが、希に両方発症するケースもあります。

レッグペルテス病の予防と治療

治療を行なう場合は、状況に応じて対処方法を変えます。
軽度の場合であれば、運動制限を行なったり、抗炎症剤や鎮痛剤を投与するなどの対処療法が行なわれます。
ただこれらの投薬治療を行なったとしても、痛みなどを和らげるだけであり、症状の進行は防げませんので、最終的には手術となります。

症状が進行し悪化した場合は、外科手術で壊死した部分を切除し、残った骨と筋肉で関節を形成する手術を行ない、術後は歩けるようになることが多いです。
ただ手術を行なうと、術後にはリハビリが必要であり、完治までには1年ほどの期間を要します。

根本的な原因はわかっていなく、遺伝が関係しているだろうと考えられておりますので、日頃からこれをしなければ発症しないということはないですが、常に生活を工夫すると、ある程度発症は防げるでしょう。
ただしもしも愛犬の様子が変だと感じたら、すぐに医者に診せて検査させるべきです。
早期発見し早期治療を行なうほど、完治しやすく、また犬の負担も減らせます。
特に成長期の子犬で、歩き方がおかしいような場合は、発症している可能性もありますので、すぐ検査させましょう。

日頃の生活としては、成長期に無理に運動をさせすぎるのを防ぎ、運動はほどほどにさせておくことです。
ただし、成長期には運動は筋肉や骨への刺激となり成長を手助けしますので、あまりにも運動制限しすぎるのも犬には良くないです。
また抱っこして落下させてしまう、強い衝撃を与える、高いところからジャンプする、などの骨に過度の加重がかかるような運動は、避けるようにした方が良いです。