外耳炎

外耳に炎症が起きる症状

外耳炎は犬でも耳の外耳に炎症が起きる症状であり、犬の耳には垂直耳道と水平耳道の2つの外耳があります。
このどちらか片方または両方に炎症が起きるのです。

・においのある耳垢がたまる
・耳をしきりに振るそぶりを見せる
・頭を振る
・外耳道の皮膚が厚くなる
・外耳道が狭くなる
・鼓膜が破ける

このような症状が現れ、犬はしきりに耳を気にするようになりますので、飼い主としては様子の変化を見つけやすいでしょう。
そして原因としては以下のようなものがあります。

・寄生虫
ダニによる傷や排泄物が引き金となり炎症を起こします。
多くはミミヒゼンダニによる場合であり、その他に程度は低いですが、他のダニが原因の時もあります。

・アレルギー
アレルギーが耳に現れて、炎症を引き起こします。

・異物
耳垢や腫瘍、ポリープ、また植物の種などが炎症を引き起こすことがあります。

・細菌感染
ブドウ球菌やプロテウス属など、真菌が炎症を引き起こすことがあり、特にブドウ球菌が原因になる場合が多いです。

ゴールデンレトリーバーなどの垂れ耳の犬は、どうしても耳の中の通気性が悪くなるために、他の犬より細菌が繁殖しやすくなり、炎症を起きやすくなります。
外耳に毛が多いというのも、悪化しやすい原因になり、また耳掃除を怠ると炎症を悪化させることもあります。

外耳炎の治療方法

もしも外耳炎になった場合は、その原因を取り除き治療します。

・寄生虫の除去と消毒
ダニが原因である場合は、洗浄液を用いて耳の中を綺麗にして、抗ダニ薬を局所的に塗布します。
その後殺菌効果のある薬を投与します。
洗浄液を使う場合は、事前に鼓膜が破れていないことを確かめてから行ないます。

・アレルゲン除去
アレルギーが原因である場合は、そのアレルゲンを除去します。
ただアレルゲンを除去しても、すぐに回復するとは限らず、根気よく治療をしないとなりません。

・異物除去
耳の中に異物が入って炎症を引き起こしている場合は、その異物を除去します。
植物の種などの場合はすぐに除去できますが、腫瘍などになっている場合は手術が必要です。
ちなみに異物を除去できれば、回復へ向かっていき改善が期待できます。

・殺菌
ブドウ球菌などが原因であれば、抗菌薬や抗真菌薬などで殺菌を行ないます。
耳の中の組織を一部取り除き検査し、原因となっている菌を明確にしておくと、治療も行ないやすく効果的です。

炎症を防ぐためには、日頃から飼い主が愛犬の耳の状態や中をチェックしてあげるべきです。
また耳掃除も定期的に行なってあげるべきですが、過剰にやりすぎると逆に外耳を傷つけますので、優しく耳の掃除をしてあげましょう。
もしも、耳の中の異常が見つかれば、すぐに医者に診せるべきです。