目の病気

a1380_000405

目の大きな犬ならより注意

目は粘膜が露出する敏感な場所ですので、ちょっとした外部の刺激により大きな症状にまで発展してしまうこともよくあります。

犬の目の病気はかなり多くの犬が経験するところですが、中でもシーズー犬やペキニーズのように目がぎょろんとして大きくむき出しになっているタイプの犬種に多く見られる傾向があります。

犬がよくかかる目の病気としては、結膜炎や角膜炎といった粘膜部分に感染が起こる炎症が挙げられますが、加齢により白内障や緑内障といった回復が難しい病気にかかってしまうこともあります。

また近年犬にもアレルギーの症状を持つものが増えてきており、特定の条件になるとほぼ確実に角膜炎などを発症するというような慢性的な病状になることもあります。

もし愛犬の目に何らかの異常があったなら、柔らかいタオルで目をおさえるなどしてそれ以上症状が進むのを防ぎ、早めに獣医さんに見てもらうようにしましょう。

犬の目に起こる症状と対策

犬の目に起こる異常症状としては、「充血」「目やにや涙がやたらと出る」「目の色がおかしくなる」といったものがあります。

他にも別の犬とケンカをしたり何らかの理由で怪我をしてしまったときに眼球が顔の外に出てしまうという症状も比較的多くなっています。

中でも比較的症状が多く見られるのは角膜炎や結膜炎です。

犬の角膜炎の原因は眼球内の角膜に何らかの異物が入ることで、自身の被毛やまつげ、室内のゴミ・ほこりなどによって起こったりします。

ですのでもし角膜炎が疑われる場合には室内の環境を見直すとともに、きちんと犬の毛をカットして目の中に被毛が入りにくくしてあげるだけでもかなり効果があります。

ただ結膜炎や角膜炎といった炎症までいかなくても、目に入ったゴミを一時的に追い出すために涙や目やにを出しているということもあるので、症状の判断は少し時間をかけて行うようにしましょう。

加齢により視力を完全に失う犬も

アレルギー症状ならば適切な治療により回復も望めるのですが、加齢によって起こる白内障や緑内障、石灰化角膜症などといった症状になると完全に回復をするのはほぼ不可能です。

これらの病気のリスクが急増するのはだいたい12~13歳を超えるくらいで、長寿犬とされる犬の多くがほぼ完全に失明をしているといってもいいでしょう。

ただ完全に失明をしていても聴力や嗅覚が働いていればそれほど日常生活で動作の不自由を感じることはないようで、飼い主さんも愛犬が失明していたということにしばらく気付かなかったという例もあります。

見分け方としては瞳の中が白く濁るようになるということで、眼の色が少しおかしくなってきたかなと思ったら獣医さんに見てもらった方がよいかもしれません。

白内障はどの犬種にも起こる老化現象ですが、中でもアメリカンコッカースパニエルやミニチュアプードルなど特にかかりやすい犬種もあるので、それらの犬を飼うときには目をよく観察してあげるという習慣をもってください。

若い時期になる白内障の場合には、白濁してしまった水晶体を外科手術によって摘出するといった治療法を受けることも可能です。