チェリーアイ

koinu009

正式名称は「第三眼瞼腺脱出」

犬の眼球のしくみはだいたい人間と同じようになっていますが、目に関する病気の中には人にはなく犬独特の症状となって現れるものもあります。

その代表的なものが「チェリーアイ」と呼ばれる病気です。

「チェリーアイ」とは正式には「第三眼瞼線脱出」と言われる犬の目頭部分がピンク色に膨れ上がりまるでさくらんぼうが入っているかのように見えることからそう言われます。

なぜ犬独自の病気であるかというと、人間の場合目を守るしくみは上瞼と下瞼だけですが犬の場合にはそこに加えて「瞬膜」と言われる3つ目のまぶたが存在しているためです。

瞬膜についてもう少し詳しく説明をすると、これは犬やネコといった哺乳類の他鳥類や爬虫類にも存在しており、瞬きをするためにまぶたを閉じると上下が閉じるよりも先に素早く目の内側から薄い膜のようなものがさっと眼球を覆うのがわかります。

犬やネコの場合には膜というよりももう少し肉感的なものなので爬虫類や鳥類のそれとは異なりますが、いずれも眼球表面を涙で湿らすための重要な役割をします。

第三眼瞼線脱出(チェリーアイ)とは、第三眼瞼の奥にある第三眼瞼腺という器官までもが瞬きのときに体表面に出てしまいそれが乾燥などによって腫れてしまうことで目の内側に引っ込むことができなくなってしまうことが原因です。

チェリーアイになりやすい犬種

第三眼瞼腺脱出(チェリーアイ)は全ての犬で起こる可能性がある病気ですが、生まれつき瞼のしくみがしっかりできていないとより第三眼瞼腺が表に出てきやすく、従って病状が出やすくなってしまいます。

犬種としてはコッカースパニエルやシーズー犬、ビーグル犬、チワワといった犬に多いため遺伝的に第三眼瞼の奥まで露出がされやすいというふうに言えます。

緑内障や白内障といった病気が比較的老犬に多く見られるのに対し、このチェリーアイは生後6ヶ月~2歳くらいまでの若い犬によく見られるということが大きな特徴になります。

ですので子犬を引き取ってすぐの頃に突然目の中からピンク色の塊が突出してきて非常に驚く飼い主さんもいたりします。

特に明らかに人間の器官にはないような病気であるため、初めて見る人は相当にショックを受けるようです。

チェリーアイは炎症の一つであり眼球の視界に入り込んでくる異物になるため、かかった犬は気になって前足でしきりにいじったりしてしまいます。

それがますます炎症を進行させてしまい場合によっては目全体が真っ赤に充血してかなり痛々しい様子になります。

早めに治療をしないと危険

チェリーアイは放置しておいて自然治癒するということがほとんど期待できない病気です。

というのもやはり実際に目の間に異物がちらちら見えると犬が自身でいじり回すためどうしても回復がしににくなってしまうからです。

また飛び出した腺を戻すためには外部から力を加えて押し戻さなくてはいけないのですが、素人が押して偶然もとの位置に戻ってくれるということもほとんどありません。

ひどくなるときちんと目が閉じられるようになるよう手術をしなくてはならなくなるため、目が腫れたらできるだけ早めに受診をするようにしましょう。

動物向けの保険に加入をしていれば、ほとんどの場合でこのチェリーアイには対応をしてもらえます。