緑内障

N825_pocyankawaii500-thumb-500x750-2299

眼圧が高くなることで神経が圧迫される症状

緑内障とは、白内障に並んで多い高齢の犬によく見られる失明につながる重大な目の病気です。

緑内障と白内障は非常に名前がよく似ていますが、その原因に大きな違いがあります。

白内障は目の中にある「水晶体」というレンズ部分に曇りが生じてしまうため外部の光を眼球奥の視神経にうまく投影できなくなるということが原因ですが、緑内障の場合にはもう少し仕組みが複雑で丸い眼球内の圧力のバランスが崩れることにより視神経が圧迫されて起こる症状です。

人間と犬の眼球のしくみはだいたい同じで、小さなボール状の球体である眼球の中身には「房水」という体液が常に満たされた状態になっています。

房水は眼球前側の角膜の裏くらいにある「毛様体」という場所で作られ眼球内を満たし、必要に応じて圧力を調節しながら「シュレム管」という同じく眼球前側にある小さな穴から排出されていきます。

健康な状態のときはそれぞれが置かれる環境や気温などに応じて眼圧は調節をされるのですが、加齢などによって圧力調節機能が崩れると常に眼圧が高い状態になり視神経が圧迫をされて正しい像が脳で認識ができなくなってしまいます。

緑内障はかかってすぐに完全に目が見えなくなるということはなく、少しずつ視界が狭くなってくるというふうに進行していきます。

また眼圧が高まることで脳周辺にも圧力がかかるので、視界狭窄の他に頭痛や嘔吐といった症状も同時に現れてくることがよくあります。

緑内障の種類となりやすい犬種

緑内障にもっともなりやすいのは高齢となった犬です。

しかし高齢犬だけでなく若い世代から発症することもよくあり、その場合には先天的な体質によって起こりやすくなっています。

先天的要因にも二種類あり「先天性緑内障」と分類される生まれつき眼球内の隅角に異常があるために起こるケースと、「原発性緑内障」とされる遺伝的な要因により体質的になりやすい犬が条件によって発症してしまうケースとがあります。

原発性緑内障が起こりやすい犬種もわかっており、柴犬やシベリアン・ハスキー犬、アメリカンコッカースパニエルなどといった犬に多く見られます。

発症をしてから実際に視力に影響が出てくるまでには時間がかかるのが通常ですが、場合によっては「急性緑内障」として急激に眼圧が高まるというケースもあります。

急性緑内障では目が充血したり目の周りがむくみ、瞳が突然に青灰色に変わるというふうなことが見られます。

相当の激痛を伴うため暴れたり飼い主に触れられたりするのを拒絶したりということもあります。

完治はかなり難しい病気です

犬の緑内障は一度かかってしまうと完治はほぼ不可能と言ってもよい病気です。

なぜなら眼圧の調整機能そのものが狂ってしまうと、部分的に切除などをして直すということができなくなってしまうためです。

症状が初期のうちに発見された場合には、眼圧を下げるための投薬を行うことで房水を多く排出できるようにしていきます。

しかしそれをしても回復をする例はごくわずかでほとんどの場合が投薬を継続しつつも病状は進行していってしまいます。

それでも進行速度を和らげることで痛みを緩やかにするという大きな効果はあるので、定期的に健康診断をするとともに早期発見のため日頃から瞳に変化はないかよく見てあげるようにしてください。