虫歯

IMG_60421-540x360

虫歯症状そのものは少ない

高齢化してきた犬に現れる特徴の一つが「口臭」です。

それまではそんなに気にならなかったのに、最近犬と顔を近づけると口から臭いニオイがするようになったということは多くの飼い主さんが経験しているところです。

犬の口臭の原因になっているのはズバリ「歯周病」で、歯と歯茎の間に歯石がたまることにより炎症が起こっていることによります。

犬の口の中に起こる病気としては「歯周病」と「口内炎」の2つがありますが、割合として多いのは圧倒的に歯周病です。

高齢化した犬の方がより多く症状を見せますが、若い世代のうちから深刻な歯周病を持っている犬の近年では増えてきており予防をするためには早めに歯磨きの習慣を持っておくことが有効です。

犬の歯と歯茎の症状を合わせて「虫歯」と呼ぶこともありますが、犬の口腔内の病気として多いのは歯そのものよりも歯茎部分で、歯茎が弱くなることによって歯が弱くなりそれが虫歯症状になるということもしばしば見られます。

犬の歯は人の歯に比べて科学的に虫歯になりにくく作られているのですが、それが虫歯になってしまうということはかなりよくない状態が口の中にできてしまっているということです。

犬に歯磨きが必要な理由とは

犬に歯磨きが必要であるということは最近では多くのところで言われているのですが、それでもまだシャンプーや爪切りなどとくらべてそれほど重要と思っていない飼い主さんも見られています。

そこでまだ歯磨きを習慣にされていない飼い主さんに見てもらいたいのが、ペット犬の口の奥歯の裏です。

おそらくそれまで歯磨きをしてこなかった犬の場合、黄ばんでいたり真っ茶色になってしまっていることと思います。

その時歯茎にも注目してもらいたいのですが、もし真っ赤に晴れてしまっていたりするようなことがあったらそれは相当に危険信号が出ているというふうに言えます。

歯磨きはやり始めるのに遅すぎということはありません。

早くにやっておくにこしたことはありませんが、かなり口腔内の病気が進行してからでもケアをすることでその後の悪化を防ぐことは充分にできるのであきらめずにいつからでも始めてもらいたいです。

参考:犬に歯磨きはどうして必要?

まずは獣医さんに歯石除去を受けてみましょう

歯磨きを始める前には、まず動物病院などで獣医さんから歯石の除去を受けることをおすすめします。

歯が全体的に黄ばんでいたりするときには、既に歯垢が歯石に変化しているので簡単にキレイにすることはできません。

歯石化をした歯垢は専門の器具などによって取り除かなくてはならなくなるので、最初はかなり手間がかかります。

しかし一度キレイに除去してしまえばあとは定期的な歯磨きで相当防ぐことができるので、これから歯磨きを習慣にするのだという決意をするためにもおすすめです。

犬が虫歯になるというのは歯周病が進行し、さらに実際に歯が抜けたり折れたりしたという重大は状況です。

虫歯になった犬は突然目の下に穴が空いて血が出てくるなど見た目にも驚くような状態になってしまいます。

ものを噛んだり食べたりすることができなくなった犬は急激に元気をなくして動作そのものをしなくなっていってしまうので、最悪の事態を避けるためにも早め早めに口の中についてケアをしてあげるようにしてください。