アトピー性皮膚炎

a1180_009335

犬にもあるアトピー性皮膚炎

犬は皮膚炎を多く起こす動物ですが、近年特に増加傾向にあるのがアレルギー性の皮膚炎です。

人間にも多くの人に見られているのがアトピー性皮膚炎ですが、同じアレルギー症状により皮膚に慢性的な病状を持つ犬も多く見られています。

犬のアトピー性皮膚炎では皮膚全体が赤っぽく腫れて痒みを持ち、ひどくなると湿疹が出たり他の皮膚病のものになっていったりします。

現在皮膚病によって動物病院を受診する犬で最も多い症状とされているのは「膿皮症」という皮膚が大きくただれて化膿をするというものですが、そのもとになっているのはアトピー性皮膚炎であることも少なくはないのです。

犬のアトピー性皮膚炎が起こる原因

犬のアトピー性皮膚炎が起こる理由は人間のものとかなり近く、室内でホコリやゴミ、カビの胞子などを大量に吸い込んでしまうこととされています。

また新築住宅などでのハウスダストによるシックハウス症候群も犬のアトピー性皮膚炎を誘発する原因になっていると言われます。

室内で飼育される犬の場合、どうしても気密性の高い空間で過ごすことが多くなるため乾燥により気管の免疫力が弱くなったり、外界に触れる機会が減ることにより皮膚全体の抵抗力が弱まってしまうという傾向があります。

犬の現代病というふうにいうことも出来ますが、地道な対策によって改善をしていくことは充分に可能なので諦めずに治療をしていってもらいたいです。